セラミドは食べ物で増やせる!? セラミドを多く含む食べ物【まとめ】-セラミドマルシェ

年齢を重ねてくると肌のバリア機能が衰えてしまい、乾燥肌やシワの原因になってしまいます。そのため年齢肌対策にセラミドの補給は欠かせません。

 

セラミドの代わりになる化粧品はたくさんありますが、食べてセラミドを増やすことができたら良いと思いませんか?

 

食事でセラミドが増やせるの?

 

セラミドとよく言いますが、これはひとつの成分の名前というよりも、様々な成分の集合体の総称です。セラミドを含む食品を食べることで、集合体が分解されます。分解された成分のうちの「スフィンゴシン」が角質層に作用してセラミドの産生を促し、肌の保湿力を維持してくれると考えられています。

 

セラミドを多く含む食品、スフィンゴシンの働きを手助けしてあげる成分やセラミドを合成するのを助けてくれる成分を多く含む食べ物を積極的に摂取すると美肌へ近づくのではないでしょうか。

 

ですが、美肌作りに限らず、食品から摂ることで健康的な生活を送ろうと思ったら、すぐに効果がでるわけではありません。ゆっくりと静かに体に変化が起こるので、じっくりと向き合う必要があります。根気よく続けていくことが、遠回りに見えて美肌への近道になります。

 

 

何を食べればセラミドが増やせるの?

 

セラミドを多く含む食品は黒色の食品に多く含まれているといいます。中でもこんにゃく芋が多く含まれていますが、市販のこんにゃくやこんにゃくゼリーはこんにゃく粉で作られているため、成分としては少し劣ってしまいます。他には黒豆、ひじき、牛乳、米ぬかなどに多く含まれているようです。

 

スフィンゴシンの働きを促してくれる食品は白色の食品と言われます。玉ねぎ、じゃがいも、キャベツなどは血行を促進してくれるため、スフィンゴシンが効率的に肌に運ばれていきます。

 

細胞の働きを邪魔する活性酸素を撃退してくれる作用のある抗酸化作用は、セラミドが合成されるのを促すのに大切な役割をしてくれます。この抗酸化作用に優れる食品はニンジン、ほうれん草、ピーマン、ブロッコリーなどの緑黄色野菜です。

 

これらを積極的に食事に摂り入れると良いでしょう。

 

 

まとめ

 

健康的な美肌を手に入れるには、積極的に摂り入れたい食品の他にもバランス良く食事をすることも重要です。また、便秘や運動不足も肌にはよくありません。

 

焦らず根気よく、日々の食べ物からセラミドを補給して、年齢に負けない綺麗な肌に近付きましょう。

 

>>セラミド化粧品の選び方!失敗しない為に知っておきたい事!

関連ページ

セラミドはアトピーに効果的??その効果と選び方のポイント-セラミドマルシェ
アトピー肌の方の場合、様々な原因によってお肌にかゆみを起こしたりしますが、バリア機能が低下していることで外部の刺激をうけやすいという問題があります。ここではセラミドがアトピーに効果的かどうかについてまとめました。