敏感肌でも安心して使える日焼け止めの条件&おすすめアイテム3選!

 

敏感肌にとって、紫外線対策の日焼け止めは悩みの種だと言われています。スキンケアと同じよう合う・合わないがあるからです。特に日焼け止めは多少なりとも刺激になるため、合わない日焼け止めを使用すると赤くなることも。では、どのような日焼け止めが良いのでしょうか。

 

今回は、敏感肌でも使用できる日焼け止めの条件と、敏感肌でも使えるおすすめの日焼け止めを紹介します。

 

 

紫外線吸収剤を使用していないこと

 

紫外線吸収剤は、その名の通り紫外線を吸収することで紫外線をブロックします。UV効果が高く、塗っても白くならないので自然に仕上がるのが特徴です。ですが、そのぶん肌への刺激が強く、敏感肌には向いていません。

 

 

日焼け止めを選ぶなら“紫外線散乱剤”を使用しているものが安心です。紫外線を肌表面で反射・散乱させて紫外線をブロックするため、肌に負担がかかりません。

 

 

紫外線吸収剤の成分表示は「メトキシケイヒ酸」「オクチルトリアゾン」「パラメトキシケイ皮酸2-エチルヘキシル」などで表記されています。

 

 

これらが配合されている日焼け止めは避けるようにしましょう。紫外線散乱剤の成分表記は「酸化チタン」「酸化亜鉛」などです。製品によって両方入っている場合があるため、注意してください。

 

 

添加物を最小限に抑えていること

 

紫外線吸収剤のように、肌の負担になる成分はなるべく少ない日焼け止めを選びたいものです。香料は、リラックスしたり気分が良くなるなどのアロマ効果があります。

 

 

ですが、UVカットには関係のない成分です。配合されている香料が、逆に肌の刺激や痒みになることもあるので、日焼け止めは無香料を選びましょう。

 

 

また、アルコール(エタノール)は肌の乾燥を招く恐れがあるので、配合されていないものを選ぶのが無難です。

 

 

おすすめ日焼け止め①キュレルUVミルク

 

キュレルは乾燥性敏感肌の専用化粧品です。こちらのUVミルクは紫外線吸収剤不使用、無香料・無着色、アルコールフリーで赤ちゃんの肌にも使えます。植物由来の消炎剤が日焼けのほてりを防ぎ、ユーカリエキスやアスナロエキスの潤い成分が肌の乾燥を防ぎます。

 

顔用はミルクとクリームの2種類があります。ミルクはさっぱりしているので春夏に、しっとりしているクリームは秋冬に適しています。

 

 

おすすめ日焼け止め②ノブUVミルクEX

 

ノブは臨床皮膚医学に基づいて作られた、敏感肌や肌トラブルのための化粧品です。紫外線吸収剤不使用はもちろん、無香料で無着色です。伸びが良いので肌に負担がなく、こちらのミルクはクレンジングが要りません。お湯で落とすことができます。

 

石鹸で落とすウォータープルーフタイプにはサラッとしたローション、なめらかな使い心地のクリームがあります。ファンデーションとして使用できるスティックタイプもあり、目的に合わせて使いやすく揃っています。

 

 

おすすめ日焼け止め③オルビス サンスクリーンフリーエンス

 

 

オルビスは低価格で良質の化粧品を開発・販売している会社です。こちらのサンスクリーンフリーエンスは全身用の日焼け止めになっています。紫外線吸収剤不使用、無香料・無着色です。日焼け止め特有のきしみ感がなく、ミルクのように優しく使えます。また、潤いを与える天然保湿因子が配合されており、日焼け止め特有のカサつきも防ぎます。

 

白浮きしないのでメイクの邪魔にもなりませんし、専用クレンジングも必要ありません。手持ちの洗顔料やボディウォッシュで落とせます。

関連ページ

乾燥性敏感肌とお風呂の関係・・見直すべきは入浴方法!-セラミドマルシェ
スキンケアをしっかりしているのになかなか保湿されない・・そんなときに見直したいことのひとつにお風呂の入り方があります。ここではそんな乾燥性敏感肌とお風呂の入り方についてまとめました。
保湿をするとニキビができる!?その原因と対策
保湿をするとなぜかニキビがポつっとできてしまう・・。とはいえ保湿をしないと乾燥してしまう・・。そんな時に考えたい原因と対策についてまとめました。
化粧水をつけるとニキビができてしまう原因は肌質にあった!?
化粧水をつけるとニキビがポつっとできたことはありませんか?そんなときに確認したいのが、化粧水はもちろんですが肌質との相性です。ここでは4タイプの化粧水とそれぞれに適した肌質についてまとめました。
クレンジングで肌荒れを起こさないために知っておきたい3つのこと
クレンジング剤はメイクを落とすのに必要不可欠です。ただその分皮脂を取りすぎてしまって肌荒れを起こすリスクも高いのも事実。ここではそんなクレンジングについて知っておきたい3つのことをまとめました。
シミ予防には美白化粧品と保湿が大切?本当なのか調べてみた!
シミ予防に美白化粧品が本当に効果的なのか?保湿力などについてまとめました。シミ対策成分についても調べてますのでぜひ参考にしてみてください!
ダイエットでお肌がカサカサにならない為に気を付けたいこと
ダイエットをするとお肌がかさかさになってしまいがち。その原因と対策として栄養をしっかりとること、便秘にならないように予防しながら摂取カロリーを抑えていくなどの方法があります。
乾燥肌でファンデのノリが悪い時に考えたいその原因と対策
乾燥肌の場合、ファンデのノリが悪く均一に伸ばすことがなかなか難しいです。その結果メイクがバッチリ決まりづらいということにも・・。ここではそんな乾燥肌の方がファンデのノリをよくする方法について紹介しています。
肌がカサカサと乾燥して粉を吹くその原因と対策
肌がカサカサと乾燥すると、白っぽく粉を吹いたようになります。この原因と粉を吹きやすい部位、そしてその対策までまとめました!
乾燥肌で鼻の毛穴に角栓ができてしまう原因と対策
乾燥肌で鼻の毛穴に黒いぼつぼつが・・。見た目的にもよろしくないこのぼつぼつの正体は角栓。角栓ができてします原因とその対策についてまとめました。
これだけは必ずしたい!花粉で目のまわりが痒くなる時の4つの対処法
花粉で目の周りがかゆくなってごしごしとかいてしまうと皮膚の薄い目の周りがダメージを受けてしまいます。そういった意味でもできるだけ花粉から目の周りを守りたいものです。ここではそんな対策をまとめました。
ニキビ&肌荒れを起こしている時にも使えるクレンジングの条件!
ニキビなどの肌トラブルを起こしている時でもメイクはして、さらにクレンジングをしなくてはなりません。そんな時に使いたいクレンジングの条件についてまとめました。
【抗年齢】40代でお肌がくすむ原因と透明感を取り戻すために必要なこと
40代になるとお肌も気づかぬうちにくすんで少し暗めの印象になりがち。ここではそんなお肌のくすみの原因4タイプとその対策についてまとめています。
目元のシワに効果あり?マッサージの効果と注意すべき点
目元のシワは老け顔の印象を与えてしまう肌トラブルの中でもなんとかしたいものです。そんな目元のシワをツボ押しやマッサージなどで対策する方法をまとめました。
毛穴の黒ずみに本当に効果的!?ピーリングの効果と注意すべきこととは?
毛穴の黒ずみの原因のひとつに古い角質層が残ってしまうことが挙げられます。この古い角質層を取り除くことができるピーリングは黒ずみにも効果的です。ここではピーリングの種類とその注意点についてまとめました。
50代からの肌断食!失敗しないために気をつけたいこと
50代になってお肌本来の力を取り戻そうと肌断食をする人が増えています。ここではそんな50代の肌断食で注意すべき点についてまとめました。