クレンジングで肌荒れを起こさないために知っておきたい3つのこと

 

汚れやメイクを落とすクレンジングが、逆に肌荒れを起こしてしまうのをご存知でしょうか。正しくない方法でクレンジングを行ったり、肌に合わないクレンジングを使用することで肌荒れは起こります。今回は肌荒れを起こさないようクレンジングで気を付けることを紹介します。

 

1.クレンジングは使い分けること

 

クレンジングは主に3種類に分けられます。役割と効果はそれぞれ異なるため、メイクの状態に応じて使い分ける必要があります。間違えた選び方をすると乾燥やニキビなど、肌トラブルを起こす危険性があります。

 

クレンジングオイル

3種類の中で一番の洗浄力を誇り、厚塗りのファンデーションも、重ね付けしたマスカラやこってりアイメイクもスルンと落とせます。メイクを落とす点では優秀ですが、強い洗浄力のため肌に負担がかかります。肌が健康な普通肌か、濃いメイクの人に適したクレンジングと言えます。

 

逆に敏感肌や、薄化粧の人には向いていません。敏感肌はクレンジングオイルの強い洗浄力が刺激になり、薄化粧に強い洗浄力は必要ないため、皮脂まで奪われ乾燥する可能性があるからです。

 

例 ファンケルマイルドクレンジングオイル

 

 

クレンジングクリーム

3種類の中で最も肌に優しいクレンジングです。オイルには劣りますが洗浄力もあり、皮脂や肌の保湿成分を洗い流さないためクレンジング後はしっとりします。ポンプ式のオイルやミルクよりは使う手間がかかりますが、乾燥肌や敏感肌でメイクもしっかり落としたい人に適したクレンジングです。

 

 

例:プレディア スパ・エ・メール ファンゴ W クレンズ

 

 

 

クレンジングミルク

3種類の中で中間的な効果が特徴です。洗浄力は3種類の中で一番弱いですが、肌への優しさはクリームの次になります。メイクはファンデーションと口紅だけ、というような人に適したクレンジングです。逆に濃いメイクでは落ちずに残る可能性が高いため、残ったメイク汚れで肌が荒れてしまいます。

 

例:カバーマーク トリートメント クレンジング ミルク

 

 

 

 

2.クレンジングは肌に負担をかけない方法で

 

肌質やメイクの状態に合ったクレンジングを使用していても、肌荒れすることがあります。それは、クレンジングの仕方を間違えているからかもしれません。正しいクレンジングのポイントは以下の通りです。

 

クレンジング前に手を洗う

 

手に汚れが付いたままクレンジング剤を使用するのはおすすめできません。しっかり手を洗い、水気を拭いてから使用するようにしましょう。

 

リムーバー後は撫でるだけ

 

アイメイクリムーバーを使用したあとなら、目の周りのクレンジングはスーッと撫でるだけに留めます。既にアイメイクは落ちているので、肌に負担をかけないようにします。

 

クレンジングは素早さが勝負

 

どんなクレンジングでも肌に多少の負担がかかります。クレンジング剤を肌に乗せている時間は1分以内を目安にしましょう。

 

 

3.肌に合わない成分を知ること

 

肌質に合ったクレンジング剤で、肌に負担をかけないようクレンジングをしていても、肌が荒れてしまうことがあります。それは、クレンジング剤に配合されている成分が肌に合わないのかもしれません。肌荒れしやすい成分は以下の通りです。使用しているクレンジング剤に配合されていないか、チェックしてみてください。

 

エタノール(アルコール)

さっぱりした使用感が特徴で、腐敗防止のために配合されています。汚れや角質を落としてくれますが、敏感肌には刺激になることもあります。

 

DPG

保湿や防腐作用のため配合されています。低刺激ですが敏感肌や肌荒れを起こしている人には刺激になることもあります。

 

パラベン

防腐剤のひとつです。メチルパラベン、プロピルパラベンなど表記されています。

関連ページ

乾燥性敏感肌とお風呂の関係・・見直すべきは入浴方法!-セラミドマルシェ
スキンケアをしっかりしているのになかなか保湿されない・・そんなときに見直したいことのひとつにお風呂の入り方があります。ここではそんな乾燥性敏感肌とお風呂の入り方についてまとめました。
保湿をするとニキビができる!?その原因と対策
保湿をするとなぜかニキビがポつっとできてしまう・・。とはいえ保湿をしないと乾燥してしまう・・。そんな時に考えたい原因と対策についてまとめました。
化粧水をつけるとニキビができてしまう原因は肌質にあった!?
化粧水をつけるとニキビがポつっとできたことはありませんか?そんなときに確認したいのが、化粧水はもちろんですが肌質との相性です。ここでは4タイプの化粧水とそれぞれに適した肌質についてまとめました。
シミ予防には美白化粧品と保湿が大切?本当なのか調べてみた!
シミ予防に美白化粧品が本当に効果的なのか?保湿力などについてまとめました。シミ対策成分についても調べてますのでぜひ参考にしてみてください!
ダイエットでお肌がカサカサにならない為に気を付けたいこと
ダイエットをするとお肌がかさかさになってしまいがち。その原因と対策として栄養をしっかりとること、便秘にならないように予防しながら摂取カロリーを抑えていくなどの方法があります。
乾燥肌でファンデのノリが悪い時に考えたいその原因と対策
乾燥肌の場合、ファンデのノリが悪く均一に伸ばすことがなかなか難しいです。その結果メイクがバッチリ決まりづらいということにも・・。ここではそんな乾燥肌の方がファンデのノリをよくする方法について紹介しています。
肌がカサカサと乾燥して粉を吹くその原因と対策
肌がカサカサと乾燥すると、白っぽく粉を吹いたようになります。この原因と粉を吹きやすい部位、そしてその対策までまとめました!
乾燥肌で鼻の毛穴に角栓ができてしまう原因と対策
乾燥肌で鼻の毛穴に黒いぼつぼつが・・。見た目的にもよろしくないこのぼつぼつの正体は角栓。角栓ができてします原因とその対策についてまとめました。
これだけは必ずしたい!花粉で目のまわりが痒くなる時の4つの対処法
花粉で目の周りがかゆくなってごしごしとかいてしまうと皮膚の薄い目の周りがダメージを受けてしまいます。そういった意味でもできるだけ花粉から目の周りを守りたいものです。ここではそんな対策をまとめました。
ニキビ&肌荒れを起こしている時にも使えるクレンジングの条件!
ニキビなどの肌トラブルを起こしている時でもメイクはして、さらにクレンジングをしなくてはなりません。そんな時に使いたいクレンジングの条件についてまとめました。
【抗年齢】40代でお肌がくすむ原因と透明感を取り戻すために必要なこと
40代になるとお肌も気づかぬうちにくすんで少し暗めの印象になりがち。ここではそんなお肌のくすみの原因4タイプとその対策についてまとめています。
敏感肌でも安心して使える日焼け止めの条件&おすすめアイテム3選!
敏感肌の方は紫外線のダメージを受けやすいので他の人よりも入念にUVケアをしなくてはなりませんが、日焼け止めの成分にかぶれてしまったり、肌トラブルを起こしてしまう方も多くいます。ここではそんな敏感肌の方が選ぶべき日焼け止めの条件をまとめました。
目元のシワに効果あり?マッサージの効果と注意すべき点
目元のシワは老け顔の印象を与えてしまう肌トラブルの中でもなんとかしたいものです。そんな目元のシワをツボ押しやマッサージなどで対策する方法をまとめました。
毛穴の黒ずみに本当に効果的!?ピーリングの効果と注意すべきこととは?
毛穴の黒ずみの原因のひとつに古い角質層が残ってしまうことが挙げられます。この古い角質層を取り除くことができるピーリングは黒ずみにも効果的です。ここではピーリングの種類とその注意点についてまとめました。
50代からの肌断食!失敗しないために気をつけたいこと
50代になってお肌本来の力を取り戻そうと肌断食をする人が増えています。ここではそんな50代の肌断食で注意すべき点についてまとめました。