乾燥肌でファンデのノリが悪い時に考えたいその原因と対策

 

メイクは肌を美しく見せることができます。ですがファンデのノリが悪いと、粉っぽくなる・よれる・毛穴が目立つなどで、美しく見せるどころではなくなります。今回は、乾燥肌でファンデのノリが悪くなる原因と対策を紹介します。

 

 

乾燥肌でファンデのノリが悪い原因はふたつ

 

粉吹きと脂浮きです。乾燥肌が進行すると、顔や手足に粉を吹きます。これは乾燥によって角質層がポロポロと剥がれ落ちてしまうからです。角質は本来、無色透明です。ですが乾燥して水気がなくなると白くなり、白い粉になります。

 

 

粉を吹いた状態でファンデを塗っても、余計に粉っぽくなるか、まばらになってしまうという訳です。

 

 

脂浮きは皮脂不足の乾燥肌には無縁だと思うかもしれませんが、乾燥肌は脂性肌であることが多いのです。乾燥して皮脂が足りなくなると、肌は大量の皮脂を分泌して補おうとします。

 

 

ファンデを塗ると、皮脂が浮き出てファンデを浮かせることで変な線が現れ、よれてしまうのです。

 

 

ファンデを塗る前にやっておきたいこと

 

ファンデのノリを少しでも良くするには、ファンデ前の準備が大切です。いつものスキンケアにプラスすることで、化粧水や乳液の浸透力がアップし潤った肌になります。

 

 

 

準備するのは化粧水を浸したティッシュ数枚と、ホットタオルです。ホットタオルは、水に浸したタオルをレンジで30秒温めれば完成します。

 

 

洗顔後、化粧水を浸した数枚のティッシュを、鼻を避けてのせます。ホットタオルは首の後ろに当て、首の後ろを温めます。こうすることで毛穴が開きやすくなり、化粧水が肌に浸透します。ティッシュをのせる時間は1~2分が目安です。

 

 

長く置いているとティッシュが乾燥し、水分や潤いまで奪われてしまいます。

 

 

ティッシュとタオルを外したら、通常のスキンケアをして終わりです。ティッシュパックに使える化粧水を持っていない場合は、市販のシートマスクでも構いません。肌が潤っている間にメイクを始めましょう。

 

ファンデの前に化粧下地を塗ろう

 

化粧下地を使っていますか?今は化粧下地やカラーコントロールなどが一緒になったファンデが売られているため、化粧下地を使わない方もいるのではないでしょうか。化粧下地には以下のような効果があります。

 

  1. ファンデのノリや持ちを良くする
  2. ファンデの肌負担を減らす
  3. 肌の色、透明感を補正する

 

化粧下地を使うことで、乾燥肌でもファンデのノリを良くすることができるのです。特に美容成分が配合された、保湿効果のある化粧下地がおすすめです。

 

 

その際、保湿したいからと言って量を多く使ってはいけません。ベタベタして不快になるばかりか、ニキビの原因になるからです。塗り方や量は説明通りに行いましょう。

 

 

自分に合ったファンデを選ぼう

 

乾燥肌にはパウダーファンデは向いておらず、リキッドやクリームファンデがおすすめ、と聞いたことはないでしょうか。これは間違いではありませんが、正解でもありません。ファンデ選びで大切なのはファンデの種類ではなく、水性か油性かです。

 

 

乾燥肌には油性のファンデがおすすめです。

 

 

油性ファンデには、スティックファンデなど厚塗り感のあるもの、リキッドなど軽いつけ心地のもの2種類があります。カバー力ならスティック、ナチュラルメイクならリキッドを選ぶと良いでしょう。

 

 

パウダータイプでおすすめなのは、リキッドやクリームファンデを固めたエマルジョンファンデです。クリームのようなテスクチャーで、肌にのせるとパウダーに変化します。密着度・保湿に優れているので、パウダーファンデを使いたい方に適しています。

関連ページ

乾燥性敏感肌とお風呂の関係・・見直すべきは入浴方法!-セラミドマルシェ
スキンケアをしっかりしているのになかなか保湿されない・・そんなときに見直したいことのひとつにお風呂の入り方があります。ここではそんな乾燥性敏感肌とお風呂の入り方についてまとめました。
保湿をするとニキビができる!?その原因と対策
保湿をするとなぜかニキビがポつっとできてしまう・・。とはいえ保湿をしないと乾燥してしまう・・。そんな時に考えたい原因と対策についてまとめました。
化粧水をつけるとニキビができてしまう原因は肌質にあった!?
化粧水をつけるとニキビがポつっとできたことはありませんか?そんなときに確認したいのが、化粧水はもちろんですが肌質との相性です。ここでは4タイプの化粧水とそれぞれに適した肌質についてまとめました。
クレンジングで肌荒れを起こさないために知っておきたい3つのこと
クレンジング剤はメイクを落とすのに必要不可欠です。ただその分皮脂を取りすぎてしまって肌荒れを起こすリスクも高いのも事実。ここではそんなクレンジングについて知っておきたい3つのことをまとめました。
シミ予防には美白化粧品と保湿が大切?本当なのか調べてみた!
シミ予防に美白化粧品が本当に効果的なのか?保湿力などについてまとめました。シミ対策成分についても調べてますのでぜひ参考にしてみてください!
ダイエットでお肌がカサカサにならない為に気を付けたいこと
ダイエットをするとお肌がかさかさになってしまいがち。その原因と対策として栄養をしっかりとること、便秘にならないように予防しながら摂取カロリーを抑えていくなどの方法があります。
肌がカサカサと乾燥して粉を吹くその原因と対策
肌がカサカサと乾燥すると、白っぽく粉を吹いたようになります。この原因と粉を吹きやすい部位、そしてその対策までまとめました!
乾燥肌で鼻の毛穴に角栓ができてしまう原因と対策
乾燥肌で鼻の毛穴に黒いぼつぼつが・・。見た目的にもよろしくないこのぼつぼつの正体は角栓。角栓ができてします原因とその対策についてまとめました。
これだけは必ずしたい!花粉で目のまわりが痒くなる時の4つの対処法
花粉で目の周りがかゆくなってごしごしとかいてしまうと皮膚の薄い目の周りがダメージを受けてしまいます。そういった意味でもできるだけ花粉から目の周りを守りたいものです。ここではそんな対策をまとめました。
ニキビ&肌荒れを起こしている時にも使えるクレンジングの条件!
ニキビなどの肌トラブルを起こしている時でもメイクはして、さらにクレンジングをしなくてはなりません。そんな時に使いたいクレンジングの条件についてまとめました。
【抗年齢】40代でお肌がくすむ原因と透明感を取り戻すために必要なこと
40代になるとお肌も気づかぬうちにくすんで少し暗めの印象になりがち。ここではそんなお肌のくすみの原因4タイプとその対策についてまとめています。
敏感肌でも安心して使える日焼け止めの条件&おすすめアイテム3選!
敏感肌の方は紫外線のダメージを受けやすいので他の人よりも入念にUVケアをしなくてはなりませんが、日焼け止めの成分にかぶれてしまったり、肌トラブルを起こしてしまう方も多くいます。ここではそんな敏感肌の方が選ぶべき日焼け止めの条件をまとめました。
目元のシワに効果あり?マッサージの効果と注意すべき点
目元のシワは老け顔の印象を与えてしまう肌トラブルの中でもなんとかしたいものです。そんな目元のシワをツボ押しやマッサージなどで対策する方法をまとめました。
毛穴の黒ずみに本当に効果的!?ピーリングの効果と注意すべきこととは?
毛穴の黒ずみの原因のひとつに古い角質層が残ってしまうことが挙げられます。この古い角質層を取り除くことができるピーリングは黒ずみにも効果的です。ここではピーリングの種類とその注意点についてまとめました。
50代からの肌断食!失敗しないために気をつけたいこと
50代になってお肌本来の力を取り戻そうと肌断食をする人が増えています。ここではそんな50代の肌断食で注意すべき点についてまとめました。