化粧水をつけるとニキビができてしまう原因は肌質にあった!?

 

化粧水は肌に水分を与えて保湿し、乳液やクリームを浸透させる役割を持っています。ですが、この化粧水でニキビができたり悪化することがあります。原因は人それぞれの肌質にあり、間違った化粧水の選び方です。

 

化粧水は、化粧水という名のつくものなら何でも良い訳ではありません。化粧水は主に4種類に分けられ、効果も異なります。今回は化粧水の種類と効果、肌質に合った化粧水の選び方を紹介します。

 

4種類の化粧水
  • 柔軟化粧水
  • 収れん化粧水
  • 美白化粧水
  • ふき取り化粧水

柔軟化粧水の効果と適した肌質

 

 

柔軟化粧水とは一般的な化粧水のことを指し、商品パッケージには化粧水、保湿化粧品と表記されています。肌に水分を補給し、角質を柔らかくする効果があります。

 

保湿成分のヒアルロン酸やコラーゲンを配合した高保湿の化粧水、肌を若々しく保つ成分が配合されたエイジングケア化粧水などもこちらに該当します。

 

サラサラしたさっぱりタイプ、とろみがあるしっとりタイプの2種類に分かれます。さっぱりタイプを乾燥肌の方が使うと保湿が足りず乾燥ニキビになり、しっとりタイプを脂性肌の方が使うと油分過多になりニキビになりやすくなります。

 

乾燥肌か脂性肌か、自分の肌質を意識して選ぶようにしましょう。

 

収れん化粧水の効果と適した肌質

 

収れん化粧水とは肌や毛穴を引き締めたり、皮脂分泌をコントロールする効果のある化粧水です。商品パッケージには収れん化粧水以外に、コンディショニングローション、ウォーターミストなど表記されています。肌にのせるとひんやりする感触が特徴です。

 

収れん化粧水は皮脂分泌が多い脂性肌や、毛穴が詰まりやすいニキビ肌に有効です。また、普通肌でも夏場のベタベタする時期に使用する人もいます。

 

向いていない肌質は乾燥肌で、少ない皮脂を余計に奪ってしまい、乾燥を悪化させる可能性があります。乾燥ニキビの原因にもなるため、乾燥肌に収れん化粧水はNGだと覚えておきましょう。

 

また、配合されているアルコール濃度が高いので、刺激に弱い敏感肌の使用も避けた方が無難です。

 

 

美白化粧水の効果と適した肌質

 

美白化粧水とは、美白成分が配合された化粧水のことを指します。美白とは肌を白くすることではなく、日焼けによるシミやそばかすを防ぐという意味です。

 

ビタミンC誘導体やアルブチンなどメラニン生成を抑える成分が配合され、日焼けやシミを予防してくれます。日差しの強い夏場に使用されていましたが、1年を通じて使用している人も多いです。

 

日焼けをしやすい肌質の人、シミを作りたくない人に有効ですが、収れん化粧水と同じように乾燥肌・敏感肌には厳しい化粧水と言えます。美白成分は保湿力が足りない場合があり、乾燥を悪化させ、乾燥ニキビになる可能性があります。

 

また、メラニン生成を抑えるため少なからず肌に負担をかけるので、敏感肌には肌荒れやニキビのリスクが高まります。

 

 

ふき取り化粧水の効果と適した肌質

 

ふき取り化粧水とはコットンを使用し、残ったメイク汚れや古い角質を取り除くことを目的とした化粧水です。AHA(フルーツ酸)などのピーリング作用のある成分が配合され、古い角質を除去することで肌のターンオーバーを活発にします。肌のターンオーバーが乱れがちな方、くすみのある方に有効です。

 

コットン使用やピーリング作用から、肌バリアが低下する場合があります。また、何度も使用することで皮脂が少なくなり乾燥を招くことも。ふき取り化粧水はどの肌質でも使えますが、逆にどの肌質であっても適度で安全な使用をおすすめします。

関連ページ

乾燥性敏感肌とお風呂の関係・・見直すべきは入浴方法!-セラミドマルシェ
スキンケアをしっかりしているのになかなか保湿されない・・そんなときに見直したいことのひとつにお風呂の入り方があります。ここではそんな乾燥性敏感肌とお風呂の入り方についてまとめました。
保湿をするとニキビができる!?その原因と対策
保湿をするとなぜかニキビがポつっとできてしまう・・。とはいえ保湿をしないと乾燥してしまう・・。そんな時に考えたい原因と対策についてまとめました。
クレンジングで肌荒れを起こさないために知っておきたい3つのこと
クレンジング剤はメイクを落とすのに必要不可欠です。ただその分皮脂を取りすぎてしまって肌荒れを起こすリスクも高いのも事実。ここではそんなクレンジングについて知っておきたい3つのことをまとめました。
シミ予防には美白化粧品と保湿が大切?本当なのか調べてみた!
シミ予防に美白化粧品が本当に効果的なのか?保湿力などについてまとめました。シミ対策成分についても調べてますのでぜひ参考にしてみてください!
ダイエットでお肌がカサカサにならない為に気を付けたいこと
ダイエットをするとお肌がかさかさになってしまいがち。その原因と対策として栄養をしっかりとること、便秘にならないように予防しながら摂取カロリーを抑えていくなどの方法があります。
乾燥肌でファンデのノリが悪い時に考えたいその原因と対策
乾燥肌の場合、ファンデのノリが悪く均一に伸ばすことがなかなか難しいです。その結果メイクがバッチリ決まりづらいということにも・・。ここではそんな乾燥肌の方がファンデのノリをよくする方法について紹介しています。
肌がカサカサと乾燥して粉を吹くその原因と対策
肌がカサカサと乾燥すると、白っぽく粉を吹いたようになります。この原因と粉を吹きやすい部位、そしてその対策までまとめました!
乾燥肌で鼻の毛穴に角栓ができてしまう原因と対策
乾燥肌で鼻の毛穴に黒いぼつぼつが・・。見た目的にもよろしくないこのぼつぼつの正体は角栓。角栓ができてします原因とその対策についてまとめました。
これだけは必ずしたい!花粉で目のまわりが痒くなる時の4つの対処法
花粉で目の周りがかゆくなってごしごしとかいてしまうと皮膚の薄い目の周りがダメージを受けてしまいます。そういった意味でもできるだけ花粉から目の周りを守りたいものです。ここではそんな対策をまとめました。
ニキビ&肌荒れを起こしている時にも使えるクレンジングの条件!
ニキビなどの肌トラブルを起こしている時でもメイクはして、さらにクレンジングをしなくてはなりません。そんな時に使いたいクレンジングの条件についてまとめました。
【抗年齢】40代でお肌がくすむ原因と透明感を取り戻すために必要なこと
40代になるとお肌も気づかぬうちにくすんで少し暗めの印象になりがち。ここではそんなお肌のくすみの原因4タイプとその対策についてまとめています。
敏感肌でも安心して使える日焼け止めの条件&おすすめアイテム3選!
敏感肌の方は紫外線のダメージを受けやすいので他の人よりも入念にUVケアをしなくてはなりませんが、日焼け止めの成分にかぶれてしまったり、肌トラブルを起こしてしまう方も多くいます。ここではそんな敏感肌の方が選ぶべき日焼け止めの条件をまとめました。
目元のシワに効果あり?マッサージの効果と注意すべき点
目元のシワは老け顔の印象を与えてしまう肌トラブルの中でもなんとかしたいものです。そんな目元のシワをツボ押しやマッサージなどで対策する方法をまとめました。
毛穴の黒ずみに本当に効果的!?ピーリングの効果と注意すべきこととは?
毛穴の黒ずみの原因のひとつに古い角質層が残ってしまうことが挙げられます。この古い角質層を取り除くことができるピーリングは黒ずみにも効果的です。ここではピーリングの種類とその注意点についてまとめました。
50代からの肌断食!失敗しないために気をつけたいこと
50代になってお肌本来の力を取り戻そうと肌断食をする人が増えています。ここではそんな50代の肌断食で注意すべき点についてまとめました。