ニキビ&肌荒れを起こしている時にも使えるクレンジングの条件!

 

ニキビ&肌荒れは肌が弱っている状態です。クレンジングはメイクと馴染ませるため擦るので、少なからず肌に負担をかけてしまいます。ニキビ&肌荒れは摩擦などの刺激で悪化する場合があるため、なるべく摩擦を起こさないクレンジングを選ぶ必要があります。

 

 

 

ジェルクレンジングは弾力があるテクスチャーなので、ジェルが指と肌のクッションの役割を果たして摩擦を防ぎます。オイルクレンジングより洗浄力が弱いですが、肌に負担をかけずニキビ&肌荒れを悪化させないクレンジングとしては非常に優秀です。ニキビ&肌荒れの際はジェルクレンジングに変更してみましょう。

 

 

また、ニキビ&肌荒れには乾燥が大敵です。洗浄力の高いクレンジングは肌の皮脂まで洗い流してしまうため、乾燥肌を引き起こします。ジェルクレンジングは油分が多いので洗い上がりもしっとりしています。

 

刺激成分の少ないクレンジング

 

肌にのせている時間が短くても、刺激のある成分でニキビ&肌荒れが悪化する場合もあります。普段の肌なら刺激にならないことも、ニキビ&肌荒れのときは刺激になるものです。可能な限り、肌に負担をかける成分が配合されているクレンジングは控えるようにしましょう。刺激になりやすい成分は以下の通りです。

 

合成香料

天然のエッセンシャルオイルではなく、人工的に作られた香料のことです。普段ならそこまで気にする必要はありません。ですが敏感になっているニキビ&肌荒れのときは刺激になる可能性があります。なるべく無香料を選びましょう。無香料に似た無香性は、原料の独特な匂いを消すために香料が使われているので間違わないようにしてください。

 

アルコール

成分表ではエタノールと記されており、オイルクレンジングに配合されている場合が多いです。アルコールはさっぱりした洗い上がりが特徴で、肌の水分を蒸発させます。水分不足になって乾燥する可能性もあるので、ニキビ&肌荒れには控えるべき成分です。

 

鉱物油

鉱物油とはミネラルオイルのことで、石油由来のオイルです。乳液やクリームなどに使用される場合は低刺激で良いのですが、クレンジングとして使用すると肌の油分を必要以上に取り過ぎてしまうため乾燥を引き起こします。

 

防腐剤

成分表にはメチルパラベン、エチルパラベンなど表記されています。クレンジングの品質を保つために必要な成分ですが、ニキビ&肌荒れの際は刺激になることがあります。

 

上記の成分が配合されていないクレンジングで多いのが、ミルクタイプです。ジェルクレンジングのテクスチャーが苦手な方は、ミルククレンジングを試してみましょう。

 

専用のクレンジング

 

ニキビならアクネケアのクレンジング、肌荒れなら敏感肌用のクレンジングが適しています。どちらも刺激の少ない成分配合で、肌トラブル用に作られているからです。まずは専用クレンジングから試して、思うような効果が出ない場合はジェルやミルク、低刺激のクレンジングを使用するようにしましょう。

関連ページ

乾燥性敏感肌とお風呂の関係・・見直すべきは入浴方法!-セラミドマルシェ
スキンケアをしっかりしているのになかなか保湿されない・・そんなときに見直したいことのひとつにお風呂の入り方があります。ここではそんな乾燥性敏感肌とお風呂の入り方についてまとめました。
保湿をするとニキビができる!?その原因と対策
保湿をするとなぜかニキビがポつっとできてしまう・・。とはいえ保湿をしないと乾燥してしまう・・。そんな時に考えたい原因と対策についてまとめました。
化粧水をつけるとニキビができてしまう原因は肌質にあった!?
化粧水をつけるとニキビがポつっとできたことはありませんか?そんなときに確認したいのが、化粧水はもちろんですが肌質との相性です。ここでは4タイプの化粧水とそれぞれに適した肌質についてまとめました。
クレンジングで肌荒れを起こさないために知っておきたい3つのこと
クレンジング剤はメイクを落とすのに必要不可欠です。ただその分皮脂を取りすぎてしまって肌荒れを起こすリスクも高いのも事実。ここではそんなクレンジングについて知っておきたい3つのことをまとめました。
シミ予防には美白化粧品と保湿が大切?本当なのか調べてみた!
シミ予防に美白化粧品が本当に効果的なのか?保湿力などについてまとめました。シミ対策成分についても調べてますのでぜひ参考にしてみてください!
ダイエットでお肌がカサカサにならない為に気を付けたいこと
ダイエットをするとお肌がかさかさになってしまいがち。その原因と対策として栄養をしっかりとること、便秘にならないように予防しながら摂取カロリーを抑えていくなどの方法があります。
乾燥肌でファンデのノリが悪い時に考えたいその原因と対策
乾燥肌の場合、ファンデのノリが悪く均一に伸ばすことがなかなか難しいです。その結果メイクがバッチリ決まりづらいということにも・・。ここではそんな乾燥肌の方がファンデのノリをよくする方法について紹介しています。
肌がカサカサと乾燥して粉を吹くその原因と対策
肌がカサカサと乾燥すると、白っぽく粉を吹いたようになります。この原因と粉を吹きやすい部位、そしてその対策までまとめました!
乾燥肌で鼻の毛穴に角栓ができてしまう原因と対策
乾燥肌で鼻の毛穴に黒いぼつぼつが・・。見た目的にもよろしくないこのぼつぼつの正体は角栓。角栓ができてします原因とその対策についてまとめました。
これだけは必ずしたい!花粉で目のまわりが痒くなる時の4つの対処法
花粉で目の周りがかゆくなってごしごしとかいてしまうと皮膚の薄い目の周りがダメージを受けてしまいます。そういった意味でもできるだけ花粉から目の周りを守りたいものです。ここではそんな対策をまとめました。
【抗年齢】40代でお肌がくすむ原因と透明感を取り戻すために必要なこと
40代になるとお肌も気づかぬうちにくすんで少し暗めの印象になりがち。ここではそんなお肌のくすみの原因4タイプとその対策についてまとめています。
敏感肌でも安心して使える日焼け止めの条件&おすすめアイテム3選!
敏感肌の方は紫外線のダメージを受けやすいので他の人よりも入念にUVケアをしなくてはなりませんが、日焼け止めの成分にかぶれてしまったり、肌トラブルを起こしてしまう方も多くいます。ここではそんな敏感肌の方が選ぶべき日焼け止めの条件をまとめました。
目元のシワに効果あり?マッサージの効果と注意すべき点
目元のシワは老け顔の印象を与えてしまう肌トラブルの中でもなんとかしたいものです。そんな目元のシワをツボ押しやマッサージなどで対策する方法をまとめました。
毛穴の黒ずみに本当に効果的!?ピーリングの効果と注意すべきこととは?
毛穴の黒ずみの原因のひとつに古い角質層が残ってしまうことが挙げられます。この古い角質層を取り除くことができるピーリングは黒ずみにも効果的です。ここではピーリングの種類とその注意点についてまとめました。
50代からの肌断食!失敗しないために気をつけたいこと
50代になってお肌本来の力を取り戻そうと肌断食をする人が増えています。ここではそんな50代の肌断食で注意すべき点についてまとめました。