セラミド成分種類別に選ぶセラミド化粧水のおすすめランキング記事一覧

セラミドと聞くと、保湿効果が高い成分というイメージがあります。ただ実際にはそのセラミドの中にも様々な種類があり、厳密にはその種類ごとに働きが変わります。ここではそんなセラミドの中でも「ヒト型セラミド1」という成分についてまとめました。ぜひ参考にしてみてください。セラミド1配合化粧品【目次】セラミド1の働きとその効果は??ヒト型セラミド1配合のセラミド化粧水一覧ヒト型セラミド1配合のセラミド美容液一...


ヒト型セラミド2は人の肌の中でも最も多く含まれているセラミドと言われています。多く含まれていることからもほかのセラミドと比べ、お肌に保水・保湿にとって重要な成分であり、セラミド2を化粧品から補うことはとても有効と考えられています。セラミド2配合化粧品【目次】セラミド2の働きとその効果は??ヒト型セラミド2配合のセラミド化粧水一覧ヒト型セラミド2配合のセラミド美容液一覧ヒト型セラミド2配合のセラミド...


セラミド3はいくつかあるセラミドの中でも、アンチエイジング対策のセラミドといえます。その理由としては、水分量を保持する働きに加え、シワを抑制する働きがあるとされているからです。お肌の中に存在するセラミド3は歳をとるにつれてその量が減っていき、それが肌の水分量の減少やたるみにつながり、結果的にシワの原因ともなります。セラミド3配合化粧品【目次】セラミド3の働きとその効果は??ヒト型セラミド3配合のセ...


セラミド5は角質の脂質バリア層をつくりそれを保持する働きがあります。角質層は、皮膚の一番表面の部分で触れるものすべてからお肌を守る役割をしています。新しいお肌は肌の内側から外側に向かって代謝していきますので、角質は最後に垢となって剥がれ落ちていきます。仮に角質の脂質バリア層が無くなってしまった場合、外からの刺激を受け放題・・そして角質の水分も外に逃げ出してしまいます。セラミド5配合化粧品【目次】セ...


セラミド6はお肌の新陳代謝(ターンオーバー)を促進してくれる働きがあるセラミドです。お肌の乾燥がいつまでも治らない・・乾燥で肌がカサカサ・ゴワゴワしている・・・といった人は特にお肌の生まれ変わりのサイクルが乱れがちです。新陳代謝を促進することは、お肌の生まれ変わりを高め健康的なお肌を保つのに必要なことです。セラミド6/6Ⅱ配合化粧品【目次】セラミド6/6Ⅱの働きとその効果は??ヒト型セラミド6/6...


セレブロシドとは、馬の脊髄(せきずい)から抽出された動物由来の天然セラミドです。人のお肌に近いため、肌に馴染みやすいのが特徴です。ですが、馬からの抽出は希少価値が上がるので高価になり、配合量が多ければ多いほど高くなります。ここではそんなセレブロシドについて具体的にどんな特徴があるのか??どういった効果が期待できるのか?などを簡単にまとめました。保湿剤として使用!セレブロシドの期待できる効果保湿力・...


疑似セラミドとは通常のセラミド(天然・ヒト型・植物性)とは異なり、合成セラミドとも呼ばれています。セラミドと似た働きをする成分です。科学的に合成されたものなので比較的安価で、大量生産できるのが特徴です。ここではそんな疑似セラミドについて具体的にどんな特徴があるのか??どういった効果が期待できるのか?などを簡単にまとめました。疑似セラミド配合化粧品【目次】疑似セラミドの働きとその効果は??疑似セラミ...