目的・肌質別で選ぶセラミド化粧品のおすすめ一覧記事一覧

シミは年齢をもっとも感じる肌トラブルの一つです。蓄積されてすぐには肌にでてこないということからも、他の肌トラブルと比べると緊急性が低いというのがケアに対しての意識が低くなりがち・・。気づいたらシミだらけ!!??そんなことのないよう美白対策もしっかりしていきましょう。ここではそんなシミ対策の美白成分の働きとオススメの化粧品をまとめています。シミの1番の原因は紫外線シミの最も大きな原因は紫外線です。紫...


ニキビが落ち着いても赤みが残る炎症など、ニキビ跡は見た目にも気になってしまいますよね。そもそも、なぜニキビ跡ができてしまうのでしょうか?ニキビ跡に効く化粧品はあるのでしょうか?ニキビ跡に有効と考えられる代表的な成分とその働き必ずビタミンC配合の化粧品を選ぼう!ニキビ跡のできたお肌を補修するには、美肌に良いとされるビタミンC成分が必要不可欠です。浸透の高いビタミンC誘導体や、早く吸収するピュアビタミ...


赤ら顔は目立つためファンデーションではカバーしづらく、赤い顔は子供っぽく見られて恥ずかしい思いをすることもあります。今回は赤ら顔の原因と対策や有効成分の化粧品選びをまとめました。赤ら顔におすすめのセラミド化粧品とは??ヒト型セラミドを配合したもの赤ら顔になりやすい人は、お肌が薄く、バリア機能が低下しがち。バリア機能を高めるためにもセラミドを化粧品から補うことは効果的と考えられています。抗炎症成分が...


大人ニキビは10代の思春期ニキビと違い治りにくく、治ってもまた繰り返します。原因もさまざま。しつこい大人ニキビから解放されるには、正しい改善方法を長期的に行う必要があります。大人ニキビ対策化粧品を選ぶための3つのポイント大人ニキビにはノンコメドジェニック化粧品を選ぶノンコメドジェニックとは症状を起こす前の初期ニキビができにくい化粧品のことを意味します。表記には「ノンコメドジェニックテスト済み」と「...


毛穴開きはシミやシワなど肌年齢の悩みと違い、比較的若いうちから悩むことが多いお肌トラブルの一種です。毛穴が開いていると角栓が詰まって黒いブツブツになったり、ファンデーションを塗っても逆に毛穴が目立つことも。毛穴の開き・たるみ対策化粧品を選ぶためのポイント肌のハリアップができる保湿力の高いもの毛穴開きやたるみ毛穴の根本的な原因は潤い不足です。水分を閉じこめて潤いを逃がさないセラミド、水分を抱えこんで...


肌がカサカサしている、粉を吹く、ファンデーションがうまくのらないなどの乾燥肌。乾燥は空気が乾く寒い時期にだけ起こる訳ではありません。エアコンなどの影響で1年を通しての肌トラブルになっています。乾燥肌に有効と考えられる成分とその働き肌の水分を蒸発させないよう保持力のあるセラミドは必須です。セラミドは肌バリアの低下を回復させる働きがあるため、敏感肌を伴う乾燥肌や加齢による乾燥肌にも有効です。肌のハリや...


20代では感じなかった肌のくすみは、30代から徐々に進行していきます。肌がくすむと実年齢より老けて見えたり、顔色が悪く疲れている印象を与えます。肌のくすみには様々な種類があり、原因も異なります。今回は原因と対策、有効成分の化粧品選びをまとめました。肌のくすみの種類とその原因は??1.グレーのように見える肌のくすみグレーのように見える肌のくすみは、顔色が悪く見える、全体的に青白っぽい、血色がよくない...


老けて見られるシワは、多くの人が悩む老化現象のひとつです。シワは種類も原因もひとつではありません。スキンケアでシワの予防や改善は可能なのでしょうか?今回はシワの原因と、対策や有効成分の化粧品選びをまとめました。しわの原因と対策乾燥によるシワ(乾燥小じわ・ちりめんジワ)シワの原因で最も多いのが乾燥です。保湿不足や紫外線ダメージなどで肌の水分が保持できなくなると、水分は蒸発してしまいます。乾燥すると角...


今まで使用していた化粧品や新しい化粧品が合わずピリピリしたり、赤くなる。流れる汗や顔に触れる髪が刺激になって痒くなる。何かの刺激で、いつの間にか赤くなっている。このような症状を敏感肌と呼びます。今回は敏感肌の原因と、対策や有効成分の化粧品選びをまとめました。誤ったスキンケアで敏感肌になる原因スキンケアアイテムの刺激の蓄積洗顔・クレンジングの洗浄力が強いスキンケア時の手のひらの摩擦フェイスマッサージ...


つっぱる感じがするのに皮脂でベタベタしている、乾燥しているのにメイクが皮脂で崩れる、このような状態をインナードライ肌と呼び、オイリー肌とは異なります。若い頃は普通肌や乾燥肌だったのに今は皮脂でテカリやすくなっている、こんな方はインナードライ肌の可能性が高いです。今回はインナードライ肌の原因と、対策や有効成分の化粧品選びをまとめました。そもそもインナードライ肌とは??様々な要因で肌の水分量が減少する...


ほうれい線は目立つうえ、隠そうと思って隠せるものではありません。老け顔や疲れ顔に見られがちなので、日頃から予防やケアを行っていきたいところです。今回はほうれい線の原因と、対策や有効成分の化粧品選びをまとめました。ほうれい線はシワではない?ほうれい線は、表情を変えたときや笑顔になった際にできる線です。頬の境目がたるみによって溝のように浮き出てしまった状態で厳密にいうとシワではありません。軽度であれば...