シミ・美白対策におすすめのセラミド化粧品の選び方とおすすめランキング!-セラミドマルシェ

 

シミは年齢をもっとも感じる肌トラブルの一つです。蓄積されてすぐには肌にでてこないということからも、他の肌トラブルと比べると緊急性が低いというのがケアに対しての意識が低くなりがち・・。

 

気づいたらシミだらけ!!??そんなことのないよう美白対策もしっかりしていきましょう。ここではそんなシミ対策の美白成分の働きとオススメの化粧品をまとめています。

シミの1番の原因は紫外線

 

シミの最も大きな原因は紫外線です。
紫外線を浴びることで肌がダメージを認識し、そのダメージから守るためメラニンが作られます。

 

また紫外線以外にもメラニンを作り出す原因となるのが、肌へのダメージ。

 

刺激を受けることの多い場所は黒ずみますが、この黒ずみはメラニンが沈着しているために起こります。

シミ・美白対策成分の3つの働きとは??

 

シミ美白対策化粧品はかなり多くの商品がありますが、美白成分が肌にアプローチする方法は3つです。ほとんどがこの3つのどれかに当てはまります。

1. メラニンの生成を抑える

メラニンができてしまう前にそれを抑えようとする働きです。

ビタミンC誘導体、アルブチン、コウジ酸、エラグ酸、ルシノール、カモミラET、トラネキサム酸、プラセンタエキス、リノール酸

2. メラニンの排出を促す

お肌の中のメラニンは肌が生まれ変わる際に、お肌と一緒に排出されます。
その排出を促すことでメラニンを定着させないようにする働きです。

ビタミンC誘導体プラセンタエキス、リノール酸など

3. メラニンを還元する

還元するというのは、酸素を取り除くことです。メラニンは活性酸素によって酸化していきます。

 

酸化に必要な酸素を取り除くことでメラニンは色のない別の物質にと変わります。

ビタミンC誘導体、エラグ酸など

これ以外にもメーカーさん独自で開発したシミ対策成分などもありますので、公式サイトなどでどの働きをするのかチェックしてみると良いでしょう。

シミ対策のおすすめ化粧品を選ぶポイント

 

美白成分がしっかり配合されているもの

くすみ・透明感アップ!・・のような化粧品もありますが、美白成分が入っているかどうかはしっかり確認するようにしましょう。

 

「保湿をしっかりすることで肌のキメを整え、その結果透明感ある肌に・・」というようなものもあります。こういったものはシミ対策というよりも保湿対策が目的となっています。

おすすめ美白成分

成分

働き

ビタミンC誘導体

生成抑制・排出促進・還元

プラセンタエキス

生成抑制・排出促進

トラネキサム酸

生成抑制・抗炎症

肌への刺激が少ないもの

美白成分には刺激の強いものもあります。肌質に合わないまま使っているとかえってメラニンを作り出す結果になりかねません。

 

肌が強い弱いに限らずお試しができるものは事前にお試ししてから判断しましょう。

保湿力も十分なもの

美白成分は一般的に乾燥しやすい傾向があります。シミ対策はできても保湿対策が不十分だと肌のバリア機能が低下していきます。

 

美白成分以外の保湿成分にどんなものが使われているのかチェックしてみましよう。

おすすめ高保湿成分

成分

働き

ヒト型セラミド

肌の保水力に関わる成分セラミド補う

ヒアルロン酸

高保湿成分

EGF

上皮細胞を再生させる因子

シミ・美白対策ににおすすめの化粧品

サエルの特徴

化粧水・美容液・クリームのすべてに厚労省が認める美白成分「アルブチン」を配合した敏感肌向けに設計された美白ライン。 肌の弱い人が使えるように炎症を抑える「グリチルリチン酸2K」と「トラネキサム酸」を配合しています。

価格 評価 備考
1,480円 評価4.5
サエルの総評

ヒト型セラミド2を配合で保湿力も◎! 2週間分のお試しセットがあります。

ブライトエイジの特徴

シミ対策の「トランシーノ」で有名な第一三共が開発したエイジングケア用スキンケアライン。美白にはトラネキサム酸、そして保湿にはヒト型セラミドをはじめとした高保湿成分でアプローチしてくれます。

価格 評価 備考
1,512円 評価4.5
ブライトエイジの総評

化粧水と美容液でスキンケアが完結!時短と肌への摩擦を軽減できます。

ジェイドブランの特徴

植物系のエキスを中心に、ヒト型セラミドとビタミンC誘導体の保湿+美白成分を配合したオーガニックとケミカルのいいところどりをしたスキンケアラインです。

価格 評価 備考
1,976円 評価3.5

 

ビタミンC誘導体の化学名一覧

ビタミンC誘導体は以下のような化学名で成分表示されていることがあります。

 

  • リン酸アスコルビルMg
  • アスコルビルグルコシド
  • ステアリン酸アスコルビル
  • パルミチン酸アスコルビル
  • テトラヘキシルデカン酸アスコルビルなど
  • パルミチン酸アスコルビルリン酸3Na
  • イソステアリルアスコルビルリン酸2Na など

 

>>セラミド化粧品の選び方!失敗しない為に知っておきたい事!

関連ページ

ニキビ跡におすすめのセラミド化粧品の選び方とおすすめランキング!-セラミドマルシェ
ニキビ跡やニキビによる色素沈着の原因と対策からおすすめの有効成分を配合するセラミド化粧品をまとめました!
赤ら顔対策におすすめのセラミド化粧品の選び方とおすすめランキング!-セラミドマルシェ
冬場の暖房の時期になると赤ら顔が目立つ・・。火照る感覚もそうですが、見た目で子供っぽく見られてしまう恥ずかしさがある赤ら顔。ここではそんな赤ら顔の原因と対策からおすすめ有効成分までまとめました。
大人ニキビ対策におすすめのセラミド化粧品の選び方とランキング-セラミドマルシェ
大人ニキビは多くの人が悩むお肌トラブルのひとつです。ここではそんな大人ニキビの原因から対策、またおすすめの有効成分を含むセラミド化粧品についてまとめました。
毛穴の開き・たるみ対策におすすめのセラミド化粧品選び方とランキング-セラミドマルシェ
毛穴の開きとたるみは目立ちやすく、老け顔の印象を与えるお肌トラブルのひとつです。ここでは原因と対策からおすすめ有効成分についてまとめました。
乾燥肌の保湿対策におすすめのセラミド化粧品の選び方とランキング-セラミドマルシェ
肌のくすみ対策におすすめのセラミド化粧品選び方とランキング-セラミドマルシェ
お肌のくすみは顔色の印象に大きく影響します。不健康そう、老けてみえる・・そうならない為の原因・対策をまとめました!
シワ予防・改善におすすめのセラミド化粧品選び方とランキング-セラミドマルシェ
シワがあるだけで5歳~10歳は老けて見える・・老化現象で誰もが経験するお肌トラブルですが、極力シワの無いお肌にしたいもの。ここではシワ予防・改善の為の対策について紹介しています。
敏感肌におすすめのセラミド化粧品の選び方とランキング-セラミドマルシェ
敏感肌はお肌のバリア機能が低下していて外部刺激を受けやすいお肌です。セラミドでバリア機能を回復させることは改善のためにもとても重要です。
インナードライ肌の原因・対策から有効成分を含む化粧品の選び方まで【まとめ】-セラミドマルシェ
お肌がテカっているのに原因は乾燥・・?インナードライ肌は一見その原因がわかりづらい肌トラブルのひとつです。ここではそんな原因と対策からおすすめの化粧品についてまとめました。
ほうれい線の原因・対策から有効成分を含む化粧品の選び方まで【まとめ】-セラミドマルシェ
ほうれい線は老化現象のひとつで誰もが避けられない肌トラブルです。とはいえ、実年齢よりも若々しく見える人に共通しているのがほうれい線がないこと。ここでは原因と対策、おすすめ化粧品についてまとめました。